校長あいさつ

校長あいさつ

 


 

||| 学校長挨拶 |||

 

  第23代校長 菅野 哲郎

平成31年度の砂町中学校

「心の教育」(明珠在掌:考える・思いやる・実践する)

 互いを認め合い、磨き合う。しっかり考え、他を思いやり、信念の下に実践する。

 進級・進学は自分自身を変える良い機会です。たった一度の人生ですから、物語の脇役ではなく、主人公として正々堂々と歩んでほしいと思います。他人に流されず、自分自身を大切にする。宝物は自分自身の中にある。これが校訓の「明珠在掌」です。

◎学力の向上(朝読書・基礎学力コンクール)

 「朝読書」の設定で「読書が楽しい」「色んな知識が身についた」という意見が多くあり、さらなる効果が期待されます。「帰り学活学習」では国語・数学・英語3教科でそれぞれ三回ずつ、計九回の基礎学力コンクールを行います。事前に予告がありますので、家庭学習のきっかけとして、是非応援してください。夏休みには従来の補充教室「東高校・城東高校」の生徒さんの支援による高校生学習教室も実施します。どんどん参加させて下さい。

◎異学年との協力・合同の取り組み
 昼休みの開放はもちろん、運動会を始めとし、自分の学年だけでなく上級生と下級生とが協力して活動をする場面を多く持ちたいと考えています。特に運動会では、各学年・五組の全学級を赤・青・黄の三色に分割して学年を越えた取り組みをしています。これは学級数が同じでなくてもクラス・学年を越えた取り組みとしてこれからも継続していきます。
< 砂町中学校の教育目標 >
和と礼節を尊び人と国を愛する心を広く世界に伝え
国際平和を成し遂げんとする強い心をもつ人間を育成する
校 訓 「明珠在掌」
目標 考える  思いやる  実践する

 

 


 

更新日:2019年08月28日 16:42:50